So-net無料ブログ作成

5月の花 オオアマナ(大甘菜) [5月の花]

◎オオアマナ(大甘菜)
野山で咲いている花は、とても新鮮に見えます。
街なかで見るカラフルな花より心惹かれるのはなぜでしょうね。(私だけ?)
DSCF2339-001.JPG
DSCF2307-001.JPG

Web上でこのオオアマナを探そうとすると前回の釣鐘草と同じで、
そっくりな花が大変多いことに驚きました(と同時に紛らわしいので困りました[あせあせ(飛び散る汗)])。
写真で花だけを見て探すとタマスダレ(ヒガンバナ科)とハナニラ(ネギ科)が似ていました。
ですが、このオオアマナはユリの仲間だそうです。
花も外見だけで素性を判断してはいけない…
DSCF2328-001.JPG


◎レンズメモ/
 ①XF50mmF2 R WR(X-E3)
   50mm (75mm相当) ISO200 f/2.0  1/5000秒
 ② 50mm (75mm相当) ISO200 f/2.0 1/12000秒
 ③ 50mm (75mm相当) ISO200 f/2.0  1/1500秒


◎あとがき
~花の写真こそ電子シャッターのミラーレス機で~

花写真の定番スタイルと言えば、花を浮かび上がらせるための基本のキ、
「背景ボケ」でしょう。

背景をぼかすためには絞り開放付近を多用することになりますね。
野外など条件によっては高速シャッターが必要になってきます。
今回の2枚目(1/12000秒)はそのケースでした。

一眼レフ機は、高性能機でもメカシャッターの1/8000秒が上限なのに対して、
使用したX-E3は、中級ミラーレス機ですが電子シャッター上限が1/32000秒。
このアドバンテージのお蔭でスムーズに撮影が出来るので助かっています。

以前の機材では、必要に迫られてディフューズレフやNDフィルターも
使っていましたが、今の機材になってからは使う場面に遭遇していません。

よく電子シャッターの功罪としてローリング歪みが取り上げられますが、
ジッと静かにしている花を撮る場合にこそ、とても有効です。
私にとって、超高速シャッターは頼もしい限りです。



コメント(2) 
共通テーマ:アート

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
rannyaβ

わたしも野山で出会う花が大好きです
コンデジで撮って、名前を必死に調べるのが花写真に嵌った第一歩でした
アマナ、見たことがないような気がします..
アマナと思っていたら、数が多すぎて変だと思って調べなおしたら
どうも花ニラだったようで、残念に思ったことがありました^^; 花ニラさん、ごめん!
by rannyaβ (2018-05-12 13:34) 

stove

>rannyaβ さま
お久しぶりです。
ハナニラも可愛らしい素敵な花ですね。
オオアマナも庭先などでは沢山花を付けますが、
野生のものは翌年訪れてもそんなに花の数を
増やしていないので山野で見つけるのは大変かもしれませんね。

話は変わりますが、X-E3はフジの色を求めて買ったものの、
操作性などいろんな部分で不満を感じてしまいます(-_-;)
比べるのも酷な気がしますが、やはりE-M1 MarkⅡは
使いやすくて信頼できるカメラだと改めて感じるこの頃です。
by stove (2018-05-12 21:36) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。